弁護士の言うことは絶対に正しい!って、思ってない?

 

AさんとBさんの差は

.

しょしこ
しょしこ

基礎知識の有無やね。

 

 

この差はほんまに、めちゃめちゃ大きいです。

 

特にこれからの超絶不況時代に、法の基礎知識も無いようではカモネギ決定。

 

 

弁護士は法律系の国家資格では「何でもできる」資格なので、「何でも知ってるすごい人」かつ「正義の味方」だから「弁護士の言うとおりにすれば間違いない」と思ってしまうんでしょう。

 

気持ちは分からんでもないですが、その思考こそがカモネギ。鴨鍋にされて食べられてしまいますで…

 

しょしこ

所謂「養分」っちゅーやつやな

 

 

ファインプレーのBさんは、民法などの自分に関係しそうな法律を自分で調べて、事前に基礎知識を入れていたから、疑問に感じることができたんです。

 

 

まだ見えないところから確実に経済が崩壊していっている今、「すごい」とされている国家資格者の弁護士でさえ食えない者が増えて行っています。

 

しょしこ

「士業」なんか、なーんもすごくないで。

その辺のオッサンオバハンとあんま変わらへん。

 

でね。

 

「自分の財産を長男に1円も渡したくない」と言う相談者に「遺言を書いたら大丈夫」と答えた弁護士。

 

結論から言うと、遺言を書いただけでは大丈夫じゃないです。

 

相談者の子供は長男のみなので、恐らく遺産の半分が長男に渡ってしまうでしょう。

 

 

この弁護士は、大丈夫じゃないことを知らなかったのではない筈です(本気で大丈夫と思って言ってたら、別の意味でヤバい)。

.

.

つまり、故意に「大丈夫」と言ったんだと思います。

 

何でかって?

 

そら、自己に利益を誘導するためですやん。