天国への階段

おはようございます。 しほうしょしこでございます。

.

大阪地方は小雨です。

.

このあと  しょしこ勉強会にご参加くださるみなさま、お気をつけていらしてくださいね。

.

.

.

冒頭のAさん。

.

配偶者はいますが、お子さんはいません。

.

.

所謂「兄弟相続」です。

.

.

Aさんの遺産は、

.

Aさんの配偶者が4分の3、Aさんの兄弟姉妹が4分の1

.

という配分で分割される可能性が高いです。

.

.

「可能性が高い」と表現したのは、遺言書がない場合はこの割合で分けたらいいですよ、と民法が決めている割合で、この割合と異なる分け方も可能だからです。

.

遺言を書いていない人が亡くなった際は、相続人全員が集まって、みんなで遺産をどう分けるかの話し合いが必要です。

.

.

.

この話し合いでは誰が何をもらうかを自由に決められるのですが、自由に決められない例外がいくつかあります。

.

.

その1つは、

.

相続人の誰かに成年後見人が付いているとき

.

です。

.

.

Aさんのケースがまさにこれです。

.

.

そしてAさんは、妹と姪に財産を渡したいと言っていました。

.

でも、遺言を書く前に急逝されたんです。。

.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする