フリーズ・フローズ・フローズン

みなさま、こんにちは!  

北浜の司法書士、しほうしょしこでございます。

今日は北浜のとあるクリニックにて、秘密の物質を体内に摂取していたため、メルマガを投稿するのを失念しておりました(^_^;)

さてさて。    

一昨日の日経新聞に出ていましたね。

みずほ銀行が12月から週休3~4日制を導入

希望者を募るみたいですが、増加した休日を利用して自発的に勉強してね!ということみたいです。

気になるお給料ですが、

週休3日なら給料は従来の80%、週休4日なら60%に減額されるそうです。

そらそうやわな。ま、減給が本丸でしょ(^^)

いつまでも会社を頼らず自立せよ。

自立できない者は堕ちるところまで堕ちろ。

ということです。

今まで会社におんぶに抱っこしてもらっていた人々は、激ヤバ、一大事ですね。

安定した会社員である男性も、その配偶者も、もうすぐ我が身ですよ。

私の夫も、売り上げが見込めないという会社の早期退職者の募集に応じて、年内にも無職になって大阪へ帰ってきますからね!(ずっと神奈川県に単身赴任中です)

私は誰かからお給料をもらっておらず、自己で金銭を引っ張って来るので夫が失職しても全然OKですが、誰かからお給料をもらっている人は全員、強い危機感を持つべきです。

何かを勉強し始めて、それが形になるまでには時間がかかります。

(私の場合は司法書士になるまで7年もかかってます)

1日でも早く動き出さないと、どんどん「手遅れ」という言葉が現実味を増してきます。

学び始めるのに年齢は関係ありません。

高齢合格者である私が保証します。

でも。

最初の第1歩は早く踏み出さないと、これからはほんまに生きていけなくなります…

「手遅れ」

怖いですよ…

私も今、左肩が痛みが日常生活に支障を来たすまでに成長しましたので、手遅れになる前に受診してきました。

人に「手遅れになる前に認知症対策を!」などと叫んでいる手前、「受診して、いかつい病名を告げられたらコワイやんー!更に血液検査なんてされた日にゃ…」なんて逃げてたらダメですもんね…(´;ω;`)

無事、「フローズンショルダー」と言われました…(´・ω・`)

英語で表現したらやや美味しそうなんですが、和訳するとなんてことはない、

五十肩

でございます。

毎日地道なリハビリを続けたら、フローズンは溶けるそうなので、面倒くさくても、ちゃんとやろうと思います。

何カ月も自己を騙し続け、現実逃避していた報いは全て自己に降りかかります。

自業自得

です。

私の「左肩フローズン」の弊害は、私自身にしか及びません。

しかし。

高齢者の財産がフローズンすると、その弊害は家族に及びます。

高齢者の財産がフローズンする原因は、認知症です。

第一生命経済研究所によると、こうです。

認知症患者の保有する金融資産額は、1995年度は49兆円だったのが、2017年度には143兆円に達した。

また、2030年度時点では215兆円に達する見込みとなった。

日本の国家予算が1年で約100兆円ですよ。

その2倍超がフローズン。

資産が凍結すると、リハビリしても溶けません。

凍結した資産を動かすのに必要なのは、リハビリではなくて「成年後見人」です。

成年後見人が就任した高齢者の資産は、以前のように自由気ままには動かせなくなっています。制限付きです。

制限が付くと困る!のであれば、事前の対策がトーゼンに必要です。

でもね。こんなこと、知らなかったら対策の打ちようがないですよね。

もう「知らなかった」では済まない時代です。

無知は大罪

あなたは大罪を犯していないだろうか??

大罪を犯しているかも知れないあなた!

大丈夫です。

私が無実になるよう、お教えしますから(^^)

→ http://shihoushoshiko.net/lp/

今月のテーマは「男女間トラブル」です。

コロナ離婚、流行ってきています。

ということで、今日はこの辺で。

また来週~ (^^)/~~~

善意では済まない。

無知は大罪

我々の生活は、法で成り立っている。

法を読み解けば世界が見える。

法律を知らずして今まで無事だったのは、単に僥倖を得ていたに過ぎない。

そのことを自覚すべきである。

知識がなければ、大切な家族は守れない。

学びこそが、最大の防御である。

大切な家族を守りたいなら、学ぶしかない。

賢者は既に学び始めている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする