印鑑要らん?

みなさま、こんにちは! 

 

北浜の司法書士、しほうしょしこでございます。

 

 

海遊館のジンベエザメ。かわいいでしょ(^^)

 

なんと、次男がいきなりプレゼントしてくれました!

 

めちゃカワなので、事務所に連れて来て、ひざ上に乗っけて書類作成等をしております。

 

長男「うわ…ジンベエザメ可哀想…」

 

もうすぐ9月も終わりですね。

 

今年の4分の3が過ぎ去っていくわけですが、みなさま。「やらなあかんこと」は順調に消化できてはりますか?

 

私は兎にも角にも「シングルタスク」を心掛けて、ボールを受け取ったらなる早で投げ返すようにしているのですが、やることが減らず、左肩が泣いています…(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

さて。

 

河野さんの「ハンコ、すぐになくしたい」発言。

 

これを聞いて私は「あほか。司法書士業務なめんなよ?」と思いました。

  

  

 

不動産売買の最終決済時に、司法書士が立ち会って、買主が売主に売買代金を支払っても良いかの判断をするんです。

 

その際には売主の本人確認と意思確認を行います。

 

 

この人が今回売買する不動産の真の所有者で、本当に売却しようとしているのか

 

これを確認します(確認しないと懲戒喰らいます)。

 

 

本人確認は免許証や保険証に加えて印鑑証明書。

 

意思確認は「実印の押印」+ 印鑑証明書 で行います。

 

   

実印での押印と、この印鑑が実印であるという証拠である印鑑証明書がないと、誰に何と言われようと、買主に「売主に代金支払っていいよ」と絶対に言いません。

 

実印がなかったら、この不動産の決済を延期させます。

 

何千万円~億単位の不動産取引、実印がないだけで延期です。

 

 

そんな重要なハンコをなくすとか、現場がどんだけ混乱すると思ってんねん?あほか!

 

という訳ですね。

 

 

でもね、よくよく確認すれば、河野さんは

 

「ちゃんとした本人確認のためではなく、ただハンコを押したという事実だけが必要なケースの場合、すぐにでもなくしてしまいたい」

 

って言うてはるんですよ。

 

 

うん、それなら同意です(^^)

 

我々司法書士も、銀行や役所で

 

要らんやろ、このハンコ!押印する意味分かってんのか?!

 

 

というシーンが多々ありますからね…

 

 

それにしてもマスコミ。いつもだけど、事実を恣意的に好き勝手切り貼りして伝えますからね…

 

にもかかわらず、一般の人のコメントには驚きました。

 

・100均で自分の名前のハンコが簡単に手に入るから、ハンコなんてオワコンでしょ

 

えっ…実印と認印の違いをご存知ない、ということでよろしいか?

 

  

・電子印鑑を使えばいいじゃない

  

ええっ…キャッシュレスとか言うて、金銭の不正引落がまかり通ってますが、印鑑も不正押印されてよろしいか?

 

 

・アメリカなどはサインで済んでいるから日本のハンコも無くせる

 

えええっ…あちらも「サイン証明書」ってあるんですよ。あちらの方々は日本の印鑑を見て「サインするよりラク!」って言うてはりますよ?

 

 

印鑑は、要るやろ。

 

   

これが私の結論でございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする