年金、ちゃんともらえるん?

みなさん、おはようございます。

大阪は北浜の司法書士、“しほうしょしこ”です。

 

いやぁ、コロナやばいね。

ANAが国際線の6割減便で5000人休業要請とか、トヨタも北米での生産の中止を発表しましたね。

 

アメリカもやばいね。

4月だけで200万人が失業するとか。

 

これからどんどんえらい事になっていくけど、みなさん、準備はしてはりますか?

 

今日は、ちょいとコロナから離れて、毎月開催している「明日やろう!はバカヤロー!勉強会」でお話したことの振り返りに戻りますね。

 

「年金、ちゃんともらえるの?」をテーマにした回。

 

この回が一番参加者が多かったですね。みなさんの関心度の高さ!

老後は2000万円必要だとか言われ出してた頃だったので余計にね。

 

みなさんの心配は年金のことなんでしょうが、それ以外にも知っておいてもらいたい、「生活保護」と「自己破産」についてもお話ししました。

 

「生活保護?私は関係ないわ~」

 

「自己破産?私は大丈夫~」

 

コロナウイルスも引き金となって、令和の大不況が始まるこの現状で、当事者意識を持たないでいるということ。

 

お花畑かな?  

 

恐怖でしかありません。

 

例え今は関係なくても、

 

知識は身を助けます。

 

 

ということで。

先ず、大前提として・・・

 

国・政府・官僚は国民の方を一切見ていません。

 

彼らがひたすら頑張っているのはたった2つ。

 

 ①米国を筆頭とする諸外国の利益の確保と保護

 ②自己の既得権益を死守

 

これを判断基準にしておけば、ある程度のことは推測できます。

 

 

で、年金のお話ですね。

 

年金は、「国民年金法」や「厚生年金保険法」という法律に基づいて支給されています。

 

ということは・・・これらの法律が変わったら、年金も変わります。

 

 

Q.法律を作ったり変えたりできるのは、誰でしょう?

 

 

 

 

A.国会議員!

 

 

年金法がある限りは年金も支給されますが、その額を減額したり、支給開始年齢を後送りしたりすることは国会議員が自由自在~ってことなんですよね。

 

 

「今まで払った分のモトも取れないなんて、許せない!」

 

「今の高齢者は、モトを取るどころか、自分が払った以上に貰えてるでしょ?ズルい!!」

 

そう思う人もいるかも知れませんね。

 

年金って、

 

貯蓄でもなけりゃ、

投資でもないんです。

 

年金法という法律で強制された、若者から老人への仕送り

 

なので、一部の恣意的な集団が自由にできる年金なんかアテにせず、自分のことは自分でコントロールできるようにしとけば、不安なんてどっか行くんちゃいます?(^^)

 

 

勉強会では、国の会計の話もしましたが、

ちょいとブラックな話をしたので、ここには書けませーん。

 

今後、国民の負担料は上げないと思いますが、厚生年金加入者を増やしますね。

 

現行は月収8.8万円以上で厚生年金加入ですが、これを6.8万円に引き下げるみたいですね。

 

会社は負担が増え、従業員は手取りが減ります。

 

従業員側は、将来の年金額が増えるから良いですか??

 

「大前提」に返って考えてみてね (^^)

 

ほなまた来週~!

 

~無知は大罪、知は人生の力なり~

知っているのと、知らないのとでは天地の差。

法律は正義の味方なんかではなく、

知っている人、ちゃんと使った人の味方です。

あなたは法律を、敵に回していませんか??

法律をミカタにつける→http://family-trust-osaka.com/joinus

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする