悪い借金②

みなさん、おはようございます!

大阪は北浜の司法書士、“しほうしょしこ”です。

 

今日は先週の続きで、キングオブ悪い借金・ヤミ金のお話です。

 

ヤミ金とは、貸金業法に抵触している違法な者 です。

 

貸金業法では、『業として』貸付を行う場合は、貸金業者としての登録が必要としているんですが、

『業として』とは『業者として』という意味ではなく、

 

・不特定多数の人に

・何回も貸していて

・利息を得ている

 

という意味なんです。

 

ヤミ金は違法な高金利を設定しているため、返済の義務はありません。

 

「クリーンハンズの原則」

から考えると当然のことなんですね。

 

クリーンハンズの原則とは、「違法行為をしている者を法律で保護する必要はない」ということ。

  

あ。だからと言って、最初から返さないつもりで借りるのは、詐欺罪に該当するのでダメですよ(^^)

 

ヤミ金の悪どい手口の色々、ちょっと見てみましょう。

ヤミ金もお金をかすめ取ろうと必死です。引っ掛からないでね!

 

①返済能力を確認するという名目で、『手数料』や『保証金』を要求され、借入したいがために払うとドロン!

詐欺られました・・・

 

②返済期日が来るけど返済出来ない、どうしよう…と思っていたらグッドタイミングで「お金貸してあげるよ?」と業者から連絡が入ったりする。

そう。あなたの情報がヤミ金業者間で共有されているんです。

 

③銀行口座や携帯電話を買ってあげると言われる。

これはあなたも犯罪者になってしまうやつです!

銀行口座を渡すと犯罪収益移転防止法に、携帯電話を渡すと携帯電話不正防止法に違反し、あなたも犯罪者です。

もちろん、「知らんかった」では済みません。

 

④お金を貸してあげるからと言って、性的な行為や性的な関係を迫られる。

『ひととき金融』っていうらしいです。女性は要注意です。

お金を受け取りに行ったり、会いに行ってはダメです!いや、借りたらダメ!!

 

⑤1日に100件以上の取り立て電話をかけてくる。

あなたに精神的苦痛を与えて、この苦痛から逃れるにはお金を払うしかない…とあなたを追い詰めるためです。

 

⑥「返さなければ殺す。」「お前が払わないならお前の親から返してもらう。」「警察や弁護士に依頼したらトコトン追い込む。」など言葉で脅してくる。

録音しておいてください。脅迫罪成立です。

 

⑦勝手にピザやお寿司の出前を10人前頼まれて持って来られたり、救急車や消防車を家に呼んだりされる。

頼んでいない、呼んでいないと言えばお金の支払いはしなくても大丈夫ですが、イヤですよね。

 

 

こんなウシジマくんみたいなヤミ金の被害者が多いので、行政が取り締まりを厳しくして、ヤミ金業者を排除しようとしました。

すると現れたのがソフトヤミ金です。

 

「利用者に親身」「優しい」「取り立てがない」ことから、利用者もソフトヤミ金は良心的だ、などと錯覚しがちですが、所詮ヤミ金です。

返済されないと分かると、手のひらクルー!

厳しい取り立てを行う業者も多いです。

 

ヤミ金で借りたお金は、法的に返済する必要はありません。

ヤミ金業者は、賃金業としての登録を行っていないし(=違法)、金利も明らかに暴利(=違法)なので、ヤミ金業者からお金を借りる契約自体が絶対的に無効なんです。

クリーンハンズの原則ね。

 

ヤミ金業者と手を切るには、手を切るという強い意志と、ヤミ金対応が得意な弁護士か司法書士に依頼するのが一番です。

自力では無理なので、相談に行ってください。

相談先は、相談料無料の「大阪いちょうの会」がオススメです。

 

ヤミ金対応、私は得意じゃないので、来ないでくださいね~(^^)/~~~

 

ということで、また来週!

 

~無知は大罪、知は人生の力なり~

知っているのと、知らないのとでは天地の差。

法律は正義の味方なんかではなく…

知っている人、ちゃんと使った人の味方です。

あなたは法律を、敵に回していませんか??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする